岩水開発が求める人材は、「一緒に成長できる人」。人生において仕事の占める割合は小さくない。だからこそ、仕事を通じて幸せになってほしい。

昭和40年、農林水産省の技官だった創業者が退官後、「岩水」という地盤を改良固化する薬液及び工法を開発し、特許を取得して起こした会社です。ですから、今でも当社では技術を尊ぶ精神が脈々と受け継がれています。
公共部門では、中四国有数の地盤改良業者であり、民間建築基礎補強では岡山で、ナンバーワンのシェアを頂いています。現在では、隣県の広島、兵庫、四国、大阪にも営業エリアを広げています。また、近年FC方式で、全国に進出を開始しており、今後も有望な事業です。
我々は近年事業領域を広げており、一括りにその業務を具体的に表現することは難しいのですが、そのいずれもが高い専門性に基づくハイレベルな技術・サービスによって、社会に「安全・あんしん」を提供することを目指しているものです。

創業時の公共工事一本から、次の民間建築向け基礎補強、FC展開、そしてこれからはこれらの事業のブラッシュアップと、更に左右の領域に展開を図りたいと思っています。
そこで、我々が求める人材は非常に高いレベルであると言えます。それ故に大学時代の専攻といった近視眼的な要素ではなく、その人の人間性、ハートといった領域を重視しています。
それは、

  • 1. 他人を思いやり、受け入れることが出来る、素直な人
  • 2. 前向きであり、積極的な思考・行動が出来る
  • 3. 探究心が旺盛である
  • 4. 社会人としての常識を身に付け、実践出来る
  • 5. 常に、そしていつまでも向上心を持つことが出来る
  • 6. 本質を理解し、追及出来る
  • 7. 長期的・論理的思考が出来る

この様な人材を求めており、この様な方と一緒に成長したいと思っています。

就職活動をするにあったって、内定を得ること、入社することが目的にならないでもらいたい。
そこが終わりではなく、スタートです。
面接向けの答えではなく、自らの価値観に問うて欲しい。
誰にとっても良い会社、悪い会社という風に判断はできません。
自分にとって合う会社、合わない会社ということは大いにありうると思います。
人生において仕事の占める割合は小さくはありません。
是非、仕事を通じて幸せになって欲しいと願っています。

このページの先頭へ