新着情報会社案内建築基礎エヌプラスFC土木金融
HOME > 会社案内 > 岩水開発のあゆみ > イベントライブラリ > スリーエスG工法協会が品質試験 ...

2009年

スリーエスG工法協会が品質試験 地盤補強 十分な強度を確認(山陽新聞 2009年4月18日掲載)

スリーエスG工法協会において、補強に用いる実物大の円柱状の固化体を使った品質試験を行い、十分な強度を確認しました。
実物大による試験は業界でも珍しく、得られたデータは営業活動などに活用します。

スリーエスG工法は専用ドリルで地盤に直径40センチ~1メートルの穴を掘り、流し込んだセメント系の固化材と土を混ぜて固める工法です。

今回の品質試験では、施工した固化体(直径80センチ、長さ1.4メートル)を掘り出し、大型試験機で圧力をかけた結果、建物を支えるのに必要な強度を2倍以上上回りました。