新着情報会社案内建築基礎エヌプラスFC土木金融
HOME > 会社案内 > 岩水開発のあゆみ > イベントライブラリ > 軟弱地盤改良の新工法S-1COM...

1993年

軟弱地盤改良の新工法S-1COM(エスワンコム)開発 (TEIKOKU NEWS 1994年1月28日掲載)

このたび、軟弱地盤改良の新しい強化材「岩水3号、S-1COM(エスワンコム)」による新工法を開発しました。(TEIKOKU NEWS 1994年1月28日掲載)

従来は軟弱地盤の注入工法は瞬間に固結する材料と数分間で固結する複合注入工法が主流でしたが、新しく開発したS-1COMは耐久性に優れた能力を発揮する特殊水ガラスを使用した工法で、今までの工法で実現できなかった堅固な固結体が造成できるうえ、二重管複合注入のため粘性土、砂質土、妙礫地盤などあらゆる地盤に適用でき確実な施工で強度や耐久性が高いと極めて好評を得ております。

既に岡山県の水島港の港湾工事、沖縄県での県営一般農道、橋梁下部工事などと実績を重ねておりますが、これからは海岸や河川の堤防補強工事などウォーターフロント関連の需要に向けて研究開発を着々と進めており、今後のS-1COM工法の飛躍的な受注(施工)が期待されております。